オンライン査定とは

オンライン査定とはそのままインターネット上で自動車の査定を受けることができるサービスで、特に最近では複数の業者から一括で査定を受けることができるものが非常に便利です。
家にいながら査定を受けることができるので、売却を考えている車の大体の価値を知ることが出来、計画を立てやすくなります。

自動車を売るとなると少しでも高く売りたいものですが、そのためには高く買取をしてくれる業者を見つける必要があります。
しかし、これを実際の店舗を回って査定を受けるとなると非常に手間がかかってしまいますが、ネットで査定を受ければ高い価格を提示してきた業者が一目でわかるため、このような手間を省くことができるのです。
また、複数の業者から査定を受けることで大体の相場を知ることができるので、価格交渉の材料として役立たせることもできます。


 

ただし注意が必要なのは、実際に車を見せる前の入力した情報の範囲内での査定であるため、査定額にバラつきが出やすくまた実車査定を受けた時に自動車の状態があまりに悪いようであれば、大幅に減額をされてしまうということもあるので、あくまで目安として活用するとよいでしょう。
しかし、目安となる金額があるだけでも大分有利になるので、実際に査定を受ける前にはネットで査定を受けてからが便利です。

買取前に外装部分で注意するべきポイント

買取前に外装部分で注意するべきポイントは2つです。1つは軽めにでもいいので洗車しておくことです。洗車では小石や泥をとっておくことが重要です。ワックスがけはボディが日焼けをしていたり、色あせがあるような場合にはかけておくと効果があります。一般的に査定ではボディのチェックで色あせと傷、ヘコみを見ます。このうち、色あせについては市販のワックスでも十分元に戻りますので色あせが気になる場合は査定前にワックス等で処理をしておくと効果的です。


傷やヘコみは市販の修復剤でも治せることが多いですが、査定の前には無理をする必要はありませんし、慣れていない処理は返ってボディを傷つけてしまうので注意が必要です。また、大きくない傷やヘコみは査定にもあまり影響がないので無理をする必要はありません。2つ目は後からつけたパーツは取り外しておくことです。ノーマル状態にウイングやサイドパーツを取り付けている車両がありますが、綺麗に外せるなら外しておくことをオススメします。中古車販売の際、ノーマル状態が一番高く売れると考えられており、余計なパーツは査定ダウンに繋がることが多いようです。また、純正パーツから交換している場合も純正に戻しておくほうが査定が上がることが多いようです

出張査定のメリットとは

中古車買取の査定方法には、直接業者の元へ車を持っていき査定をしてもらう方法と指定の場所まで業者に来てもらい査定をしてもらう方法があります。
後者のような方法を出張査定といいますが、この方法の一番のメリットは自らが店舗に出向かなくてもいいので時間と労力を使わずに済むということです。
例えば、指定の場所を自宅にしておけば、査定中に家の用事を済ませることも可能ですし、忙しくて時間が取りにくいような場合でも、勤務先を指定しておけば仕事の合間に査定をしてもらうことも出来るのです。
また時間を指定することが出来るのも大きなメリットです。
店舗の場合、予約をしていても店頭が込んでいれば多少予約時間が前後する可能性もありますが、出張の場合は、査定士が時間通りにくることが前提となっているので待ち時間が生じることはありません。自分の都合のいい時間での査定が可能なのです。


また店舗で査定をしてもらうと、納得のいく価格ではなくとも他の店に査定に出すことを考えると面倒で契約をしてしまうこともありえますが、出張の場合は、面倒がないのでゆっくりと考える時間を取ることが出来ます。
売る側がリラックスしていれば、それだけ自分の車のアピールポイントなどを伝えることも出来るので、プラスの査定となることもあるのです。
このように出張で査定を行ってもらうことには大きなメリットがあるのです。

グレードと買取額の関係

自動車を売却する場合に、その価格の大きなポイントとなるのが年式ですが、次に重要になるのがグレード、すなわち基本装備の違いです。基本層部の違いとは言っても、中にはエンジンやサスペンションが違うものもあり、全く別の車種といっても過言ではないものもあるため、車種と同等に別の基準が設けられている場合も少なくありません。すなわち、車の買取額はこの2つで相場がほとんど決まるといっても過言ではないと思います。


実際にはこの2つが基準となり、この基準に対して、標準的な基準に対してどの位状態が良いか悪いかを査定し、これが買取価格となるのです。
例えば、走行距離が多ければ多いほどマイナス要因となりますし、塗装の痛みや傷が多ければこれもマイナス査定となります。逆に丁寧に扱い状態が良い場合、または安定して人気があり非常に市場として売れる色であれば、プラス査定となるのです。
自動車の買取額は、購入したときの価格ではなく、売却する時点での中古車市場での評価によるところが大きいので、購入段階でなかなか将来の買取額を見越すことは難しいものですが、あまり豪華な装備を搭載した物でも、将来の買取額はそれほど差が出なかったりすることもあります。したがって、確実に買取額が上がるというものでもないので注意が必要です。

 

走行距離について

自動車を高く売りたいと思った時には、時期というのが非常に重要になってきます。
ちょっとしたタイミングを逃すだけで、買取金額が変わってきてしまうこともあり、特に大きな金額が動く自動車の売買だけにその差は決して無視することができないものになってしまうのです。

そこで、自動車の価値が変わりやすい時期として走行距離があります。
もちろん、距離が増えれば増えるほど自動車としての価値が下がっていき、売却時の価格が下がってしまいます。
そのため、自動車の売却を考えた時にはできるだけ距離が短い内に売ったほうが良いのですが、一番価格の変動が大きくなるのが10万キロの前後となります。
日本の中古車市場では10万キロを超えた車は寿命と判断され、買取価格が極端に安くなってしまうことがあるのです。


それでは実際に10万キロを超えれば寿命なのかといえばそのようなことはなく、信頼性の高い日本の車は消耗品を変えればいくらでも乗り続けることができます。
しかし、あちこちの消耗品を変える必要が出てくる時期がこの10万キロとなるため、状態の良い車の多い日本においては商品としての寿命となってしまうため、この時期を境に買取金額が安くなってしまうのです。
そのため、この前後で売却をするのであればできるだけ早く売るか、あるいは長く乗り続けるかを決めるとよいでしょう。

洗車することのメリット

自動車の査定を受ける時には少しでも高い価格を提示してもらいたいものですが、そのためには事前に洗車をして車を綺麗にしてから持ち込むようにしましょう。
車をピカピカにしたからといって、それで査定が上がるということはありませんが、少なくとも査定が下がることを防ぐことができます。
綺麗にすると傷が目立ってしまうと思う人もいるかも知れませんが、それで目立ってしまうような傷は相手もプロだけに決して見逃してくれたりはしません。
むしろ、傷が目立たないように汚れたままにしておけば、他の重要な傷も見落としてはならないとチェックの目が厳しくなってしまうので、綺麗にしておけば見過ごされるような傷であっても、減額の対象となってしまうということはありえるのです。


また、汚い車を持ち込むとそれだけで車全体の印象が悪くなってしまい、普段から扱いの悪かった車ではないかと思われてしまいます。
そうなると、相手も状態の悪い車を高価で買取すると損をしてしまう可能性が高くなるだけに、査定をすると気にも慎重になります。
そのため、綺麗にしておけば問題がなかったような箇所でも次々と減額の対象になってしまうということは十分に考えられるだけに、車は綺麗にしてから査定に持ち込んだほうが良いでしょう。

買取前に内装部分で注意するべきポイント

車を少しでも高く買取ってもらいたい場合に注意すべき点として、内装では車のニオイが、査定額の評価を大きく左右する事を知っておくべきです。新車と違って、あらゆるオーナーの手を経てから中古車市場へ出るわけですから、査定する側は当然色々な使われ方を想定し、価値を細かく見て評価を決定しますので、他の中古車と比べてどの点が違うのか、きびしい基準があります。いくつかの代表的なポイントをあげてみると、1ニオイ、2シートや天井のたるみ、色あせ、皮シートならひび割れ、3ダッシュボードの割れ、4フロントガラスの傷、5ヘッドレストの欠品などがチェック対象となります。


手軽に清掃や修理が出来るものなら、前もって修復、清掃しておく事が必要です。ニオイの点でも、普段からしみ付いてしまった煙草やペット、釣り道具などのバクテリア臭は取れにくいですが、車の芳香剤なども、評価を低くする原因になりますので、普段から使う時には注意して無臭の物を使う習慣を心がけるべきです。また、特に評価を下げる項目として、カーナビの取り付けにビス止めを行い、穴を開けてしまう場合があります。これには大きく査定額を下げる、高額な修理を必要とする為、ナビの取り付けにはテープなど、痕を残さないやり方をするべきでしょう。

下取りと買取の違い

車を買い換える際に今乗っている車の処分を考えます。一般的には新しく買う車に下取りとして出す事が多いようです。しかし、手間を惜しまないのであれば買取専門業者に査定を依頼してみることをオススメします。多くの場合、買取専門業者の方が高く買い取ることが多いようです。しかし、買取の場合はいくつか注意しておく必要があります。それは、今乗っている車を新しい車の下に入れる場合は値引きも考慮した価格設定をしている場合があることです。


今の車の売り方は以前と違い値引きをしないことが一般的です。ディーラーもメーカーからの提示されたワンプライスのみで商売をしていることが多いので、値引きは用品であったり、アフターサービスの料金で行う事が多くなっています。そのため、さらに値引きをするために下に入れた車の価格の買取価格を高く設定することが多くなっています。車の査定は買取業者の方が高くなることが多いのですが、値引き交渉によっては査定額を高く設定することで対応することもあるので、下に入れる事を前提にした交渉であっても途中で買取業者に売ることにしても問題無いことが多いので、買取業者の査定を受けるのは新しい車の交渉が終わってからでも遅くはありません。

車買取の周辺知識

自動車を買い取り専門店などに売却する際は、何も考えずにそのまま車を持って行ってもらうと、ずいぶん損をすることがあります。できるだけ売却金額を高くするためには、いろいろとマメ知識として知っておく必要があります、どんなことがあるかを考えて見ましょう。
車の買い取りを行う店は、自分のところで中古車として販売するか、もしくはオークションを通じてほかの中古車販売会社に転売するのが仕事です。したがって売却する自動車の状態は、中古車として並ぶ際のことを考え、できるだけ純正の状態で売却するようにしましょう。どんな部分でも一番評価が高いのは純正であるということです。例えばカーナビ、アルミホイール、エアロなどは、純正品であれば査定として加点対象となりますが、社外品の場合はせっかく費用をかけてカスタムしても、改造とみなされて減点対象となります。もしもカスタムしている場合には、取りはずして純正に戻し、カスタムパーツは別途売却するのがいいでしょう。


次に冬用のスタッドレスタイヤですが、売却する自動車に付けても、加点対象にはなりません。まだ新しい物や溝がしっかり残っている場合には、売却する自動車に付けずに別途ヤフオクなどに出品すると、数万円で売れることがあります。ただし古かったり溝がない状態の場合には、自動車と一緒にトランクなどに積んでおくと、処分代無料で引き取ってくれますので、処分ついでに付けておくと処分費用が節約できます。
自動車の売却はお得に済ませましょう!