グレードと買取額の関係

自動車を売却する場合に、その価格の大きなポイントとなるのが年式ですが、次に重要になるのがグレード、すなわち基本装備の違いです。基本層部の違いとは言っても、中にはエンジンやサスペンションが違うものもあり、全く別の車種といっても過言ではないものもあるため、車種と同等に別の基準が設けられている場合も少なくありません。すなわち、車の買取額はこの2つで相場がほとんど決まるといっても過言ではないと思います。


実際にはこの2つが基準となり、この基準に対して、標準的な基準に対してどの位状態が良いか悪いかを査定し、これが買取価格となるのです。
例えば、走行距離が多ければ多いほどマイナス要因となりますし、塗装の痛みや傷が多ければこれもマイナス査定となります。逆に丁寧に扱い状態が良い場合、または安定して人気があり非常に市場として売れる色であれば、プラス査定となるのです。
自動車の買取額は、購入したときの価格ではなく、売却する時点での中古車市場での評価によるところが大きいので、購入段階でなかなか将来の買取額を見越すことは難しいものですが、あまり豪華な装備を搭載した物でも、将来の買取額はそれほど差が出なかったりすることもあります。したがって、確実に買取額が上がるというものでもないので注意が必要です。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。