買取前に内装部分で注意するべきポイント

車を少しでも高く買取ってもらいたい場合に注意すべき点として、内装では車のニオイが、査定額の評価を大きく左右する事を知っておくべきです。新車と違って、あらゆるオーナーの手を経てから中古車市場へ出るわけですから、査定する側は当然色々な使われ方を想定し、価値を細かく見て評価を決定しますので、他の中古車と比べてどの点が違うのか、きびしい基準があります。いくつかの代表的なポイントをあげてみると、1ニオイ、2シートや天井のたるみ、色あせ、皮シートならひび割れ、3ダッシュボードの割れ、4フロントガラスの傷、5ヘッドレストの欠品などがチェック対象となります。


手軽に清掃や修理が出来るものなら、前もって修復、清掃しておく事が必要です。ニオイの点でも、普段からしみ付いてしまった煙草やペット、釣り道具などのバクテリア臭は取れにくいですが、車の芳香剤なども、評価を低くする原因になりますので、普段から使う時には注意して無臭の物を使う習慣を心がけるべきです。また、特に評価を下げる項目として、カーナビの取り付けにビス止めを行い、穴を開けてしまう場合があります。これには大きく査定額を下げる、高額な修理を必要とする為、ナビの取り付けにはテープなど、痕を残さないやり方をするべきでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。