車買取の周辺知識

自動車を買い取り専門店などに売却する際は、何も考えずにそのまま車を持って行ってもらうと、ずいぶん損をすることがあります。できるだけ売却金額を高くするためには、いろいろとマメ知識として知っておく必要があります、どんなことがあるかを考えて見ましょう。
車の買い取りを行う店は、自分のところで中古車として販売するか、もしくはオークションを通じてほかの中古車販売会社に転売するのが仕事です。したがって売却する自動車の状態は、中古車として並ぶ際のことを考え、できるだけ純正の状態で売却するようにしましょう。どんな部分でも一番評価が高いのは純正であるということです。例えばカーナビ、アルミホイール、エアロなどは、純正品であれば査定として加点対象となりますが、社外品の場合はせっかく費用をかけてカスタムしても、改造とみなされて減点対象となります。もしもカスタムしている場合には、取りはずして純正に戻し、カスタムパーツは別途売却するのがいいでしょう。


次に冬用のスタッドレスタイヤですが、売却する自動車に付けても、加点対象にはなりません。まだ新しい物や溝がしっかり残っている場合には、売却する自動車に付けずに別途ヤフオクなどに出品すると、数万円で売れることがあります。ただし古かったり溝がない状態の場合には、自動車と一緒にトランクなどに積んでおくと、処分代無料で引き取ってくれますので、処分ついでに付けておくと処分費用が節約できます。
自動車の売却はお得に済ませましょう!

コメント

コメントを受け付けておりません。