洗車することのメリット

自動車の査定を受ける時には少しでも高い価格を提示してもらいたいものですが、そのためには事前に洗車をして車を綺麗にしてから持ち込むようにしましょう。
車をピカピカにしたからといって、それで査定が上がるということはありませんが、少なくとも査定が下がることを防ぐことができます。
綺麗にすると傷が目立ってしまうと思う人もいるかも知れませんが、それで目立ってしまうような傷は相手もプロだけに決して見逃してくれたりはしません。
むしろ、傷が目立たないように汚れたままにしておけば、他の重要な傷も見落としてはならないとチェックの目が厳しくなってしまうので、綺麗にしておけば見過ごされるような傷であっても、減額の対象となってしまうということはありえるのです。


また、汚い車を持ち込むとそれだけで車全体の印象が悪くなってしまい、普段から扱いの悪かった車ではないかと思われてしまいます。
そうなると、相手も状態の悪い車を高価で買取すると損をしてしまう可能性が高くなるだけに、査定をすると気にも慎重になります。
そのため、綺麗にしておけば問題がなかったような箇所でも次々と減額の対象になってしまうということは十分に考えられるだけに、車は綺麗にしてから査定に持ち込んだほうが良いでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。