下取りと買取の違い

車を買い換える際に今乗っている車の処分を考えます。一般的には新しく買う車に下取りとして出す事が多いようです。しかし、手間を惜しまないのであれば買取専門業者に査定を依頼してみることをオススメします。多くの場合、買取専門業者の方が高く買い取ることが多いようです。しかし、買取の場合はいくつか注意しておく必要があります。それは、今乗っている車を新しい車の下に入れる場合は値引きも考慮した価格設定をしている場合があることです。


今の車の売り方は以前と違い値引きをしないことが一般的です。ディーラーもメーカーからの提示されたワンプライスのみで商売をしていることが多いので、値引きは用品であったり、アフターサービスの料金で行う事が多くなっています。そのため、さらに値引きをするために下に入れた車の価格の買取価格を高く設定することが多くなっています。車の査定は買取業者の方が高くなることが多いのですが、値引き交渉によっては査定額を高く設定することで対応することもあるので、下に入れる事を前提にした交渉であっても途中で買取業者に売ることにしても問題無いことが多いので、買取業者の査定を受けるのは新しい車の交渉が終わってからでも遅くはありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。