走行距離について

自動車を高く売りたいと思った時には、時期というのが非常に重要になってきます。
ちょっとしたタイミングを逃すだけで、買取金額が変わってきてしまうこともあり、特に大きな金額が動く自動車の売買だけにその差は決して無視することができないものになってしまうのです。

そこで、自動車の価値が変わりやすい時期として走行距離があります。
もちろん、距離が増えれば増えるほど自動車としての価値が下がっていき、売却時の価格が下がってしまいます。
そのため、自動車の売却を考えた時にはできるだけ距離が短い内に売ったほうが良いのですが、一番価格の変動が大きくなるのが10万キロの前後となります。
日本の中古車市場では10万キロを超えた車は寿命と判断され、買取価格が極端に安くなってしまうことがあるのです。


それでは実際に10万キロを超えれば寿命なのかといえばそのようなことはなく、信頼性の高い日本の車は消耗品を変えればいくらでも乗り続けることができます。
しかし、あちこちの消耗品を変える必要が出てくる時期がこの10万キロとなるため、状態の良い車の多い日本においては商品としての寿命となってしまうため、この時期を境に買取金額が安くなってしまうのです。
そのため、この前後で売却をするのであればできるだけ早く売るか、あるいは長く乗り続けるかを決めるとよいでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。